法人企業向けの翻訳サービスをお探しの方へ

安心して依頼できる翻訳サービスをお探しの企業担当者様向けに、専門翻訳実績20年のトランスマートご利用の流れや対応翻訳分野、料金やお支払い方法についてご説明します。ビジネス文書の翻訳を発注する企業様にとって特に気になる、翻訳の品質や専門性、納期や機密情報の管理、そしてコスト面など、このページをご覧いただければ安心してご利用いただけるよう法人向けサービスについてご説明します。

 
法人向けサービス
 


法人向け翻訳サービスご利用の流れ


まず、トランスマートの法人向け翻訳サービスには大きく分けて2つあります。オンラインでプロの翻訳者に直接発注していただけるクラウド翻訳と、通常の翻訳会社と同じく御社専任のコーディネータが翻訳者の選定から納品まで一貫してサポートするコンシェルジュプランです。ここではそれぞれの流れについてご説明いたします。

 

◆クラウド翻訳ご利用の場合

クラウド翻訳は、トランスマート担当者を介すことなく24時間365日いつでも翻訳者と直接やりとりするので、見積り・発注から納品までの時間が短縮可能です。また金額的にも通常の翻訳会社に依頼するよりも格安でご利用いただけます。

一般的な翻訳料金の相場とトランスマートの翻訳料金の比較についてはこちらのページをご覧ください。

 

<クラウド翻訳ご利用の流れ>

  1. 会員ページにログイン
  2. 翻訳したい原稿をアップロードして料金見積り
  3. 納期・翻訳者・支払い方法を選択して発注(翻訳者は指名発注か公募かを選定いただきます)
  4. 翻訳者確定後、メッセージBOXで翻訳者と直接やりとり
  5. オンラインで納品されたものを検収・承認
  6. 納品後に翻訳料金お支払い(発注時に選択したカード払いか銀行振込)

翻訳者確定や納品までの平均所要時間など詳細は、「発注から納品までの流れ」をご参照ください。

 

◆御社専任のコーディネーターが担当する場合

御社専任のコーディネーターが、見積りから納品まで一貫サポートするコンシェルジュプランをご利用の場合、費用はクラウド翻訳より高くなりますが、原稿内容に最適の翻訳者選定、納品前の訳文チェックなどより安心して専門翻訳をご依頼いただけます。

 

<コンシェルジュプランご利用の流れ>

  1. トランスマート運営事務局に翻訳希望原稿をお送りください。
  2. 翻訳料金や納期など見積書をご提出します。
  3. ご発注いただけましたら最適な翻訳者をコーディネーターが選定します。
  4. 翻訳者からの訳文を納品する前にコーディネーターがチェックして納品します。
  5. 検収時の質問や修正指示はコーディネーターを介して翻訳者に連絡します。
  6. 納品後に請求書を発行しますので翌月末までにお支払いください。

なお、コンシェルジュプランの場合は、原則、平日の営業時間のみのご対応となります。

 


法人向けビジネス翻訳の実績


トランスマートは2000年に日本で初めてクラウド翻訳サービスの提供を開始して以降、これまで86,000件以上の専門翻訳を納品してきました。なぜ多くの企業様からご依頼をいただけるのか、トランスマートの実績と専門翻訳の各分野をご案内します。

 

トランスマートが選ばれる理由と実績

トランスマートは難関なテストに合格したプロの翻訳者のみが登録しているクラウド翻訳サービスです。その中で、各翻訳者の得意分野や実績を発注する企業担当者様ご自身でご確認いただいたうえでクラウドソーシングを活用して直接発注していただけます。また、翻訳者とは個別に機密保持契約を結んでいますので、ビジネス文書など重要書類の翻訳も安心してご依頼いただけます。

これまで、大手製薬会社をはじめ、PR会社や自動車メーカー、ITサービス企業など幅広い業界の企業様からご利用いただいています。また外資企業の日本法人や官公庁、中小企業から上場企業まで企業規模を問わずご利用いただいているのも、日本で最初のクラウド翻訳サービスとしての実績に対する信頼の証しです。

 

専門分野別のビジネス翻訳

企業で翻訳が必要になる書類は多岐にわたりますが、トランスマートにはそれぞれ得意分野が異なるプロが数多くいるので、契約書やプレスリリース、プレゼン資料から就業規則などの社内規定類まで幅広い専門翻訳のご依頼を承っています。各分野の詳細については以下のページをご覧ください。

 


法人向けの英訳・和訳料金と支払方法


ここからは、クラウド翻訳のトランスマートをご利用いただく際の翻訳料金と支払方法についてご説明します。

 

<英訳・和訳の基本単価>

トランスマートの翻訳料金は、翻訳分野にかかわらず日本語から英語への英訳は原文1文字あたり10円、英語から日本語への和訳は原文1wordあたり15円です。日本翻訳連盟が発表している翻訳料金の目安と比較しても格安な基本単価でプロに翻訳を発注できます。また、新規会員登録から1年間は通算発注額が50万円まで何度でも2割引きでご利用いただけます。

言語ペア
基本単価
割引プラン適用時
英訳 10円/文字 8円/文字
和訳 15円/word 12円/word

翻訳料金20%割引プランを確認する
 
例えば、20%割引きプランを利用して契約書の英訳を依頼する場合、日本翻訳連盟が公表している翻訳会社に依頼した場合の相場と比較すると3分の1以下の金額で契約書の翻訳をプロに発注できます。

 

<支払い方法と支払い期日>

法人会員の場合、お支払い方法は「銀行振込」と「クレジットカード払い」からお選びいただけます。

銀行振り込みの場合は、納品後に検収・承認いただいた後、納品翌月末日までにお支払いいただきます。クレジットカード払いの場合、納品承認後に決済いたします。実際の引き落とし日についてはご利用の各クレジットカード会社にお問い合わせください。

 

なお、Visaビジネスカード、VisaパーチェシングカードまたはVisaコーポレートカードご利用の企業様には、翻訳料金が最大25%割引になるVisa法人会員向け「Visaビジネスオファー」での優待メニューの提供もおこなっております。

 


企業担当者様からのよくある質問


見積書の発行はできますか?

はい、会員ページにログインしていただければ、24時間365日いつでも見積書の発行が可能です。翻訳したい原稿をアップロードしていただけましたら数秒のうちに金額と納期がわかります。オンラインでの見積書発行方法については、「翻訳料金の見積書が必要な方へ」のページもご覧ください。なお、コンシェルジュプランの見積りは、お問い合わせフォームよりご連絡いただけましたら折り返し担当からご連絡いたします。

 

他の翻訳会社と比べて格安ですが、翻訳クオリティは大丈夫ですか?

トランスマートは、クラウドソーシングを活用して企業のご担当者様から直接プロの翻訳者に発注いただくことにより無駄な人的コストを省き低価格を実現しています。一方で登録している翻訳者は全員テストに合格したプロですので翻訳の品質には多くの企業さまからご満足いただき繰り返しご利用いただいています。トランスマートの翻訳実績詳細については、「リニューアル後1年間の翻訳依頼実績データ」のページもご覧ください。

 

翻訳を依頼できるファイル形式に指定はありますか?

クラウド翻訳で見積り・発注いただく場合は、Word、Excel、Powerpoint、PDF、JPEG、PNGの各種オフィスソフト、画像ファイルの原稿で自動見積りや発注が可能です。なお、特に指定がない場合、Word、Excel、Powerpointは発注時のファイル形式で納品いたしますが、PDF、JPEG、PNGの画像ファイルで発注頂いた場合、テキスト形式での納品となりレイアウト調整などは含まれませんのであらかじめご了承ください。

 

請求書の発行はいつですか?

各翻訳案件は毎月末日を締め日として末日までに承認いただいた案件分をまとめて翌月初に請求書として発行します。納品翌月末日までにお支払いください。なお、締め日の前倒しなどご希望の場合は、トランスマート運営事務局までご一報ください。

 

企業内で使える機械翻訳ツールはありますか?

トランスマートでは、自動翻訳ツールの「トランスゲート」を提供しています。翻訳メモリや辞書機能つきで過去に登録した訳文と比較し、使えば使うほど翻訳精度が向上し業務の生産性を改善できるツールです。初期費用は不要で、月額料金のみでご利用いただけます。また、ブラウザ型のアプリであるため更新版の購入などは不要で常に最新版をご利用いただけます。またクラウド翻訳のトランスマートとも連携しているので、機械翻訳をして一部分のみプロの翻訳者に依頼することも可能です。

 

まずは、30秒で完了する会員登録をしていただければ、無料見積や翻訳者の検索が可能です。

ご不明点はお問い合わせフォームまたはお電話でお気軽にご連絡ください。