翻訳者はどのような人がいるのですか?

クラウド翻訳サービス「トランスマート」の翻訳者は大前提として、合格率2%弱の登録テストに合格することにより、はじめて翻訳者として仕事に応募できる権利を取得できます。従って、翻訳者という極めて専門的な職業であることを踏まえれば、必要最低レベルの対象者にのみ翻訳業務をアサインするようにしています。(翻訳登録者:約2,000名)

発注者側からも翻訳者のプロフィール(個人情報は参照できません)が参照でき、基礎的なスキル情報や、翻訳に求められる得意な専門分野などを参照することができるようにしています。

 

また、トランスマート運営事務局では、翻訳者として登録するために、そのキャリアや、ランクアップテスト、他納品実績等の数十にも及ぶ指標から、翻訳登録者を独自の算定によりスコアリングすることで、その翻訳業務のプランやボリューム等により、できるだけ高品質な翻訳を提供できるようなマッチングメソッドをとりいれております。

 

英語翻訳の依頼・外注をお考えの方へ