医療・医薬翻訳、薬事申請の専門翻訳

クラウド翻訳の「トランスマート」は英語⇔日本語の専門翻訳20年の実績で、大手製薬会社や医学系の研究機関・大学教員、医療系メディアも利用する翻訳サービスです。医療・医薬翻訳、医学論文翻訳、薬事申請の翻訳、メディカルライティングなど各種専門分野に精通したプロの翻訳者にネットから直接24時間365日いつでも翻訳(英訳、和訳)、英文校正を依頼・外注できるので高品質な翻訳がタイムリーに納品されます。

➡翻訳料金を確認する

 


医療・医薬分野のプロによる高品質な専門翻訳


トランスマートには翻訳する際に「正確」、「簡潔」、「明確」、「忠実」、「一義的」、「読み手の目」などを重視した経験豊富な翻訳者が数多く登録されています。合格率2%のテストに合格をしたプロの翻訳者は常にクオリティ、そしてスピードを重視し、英語能力はもちろん、薬事申請・医療・医薬の専門用語、背景にある医学や製薬の知識、薬事法などの法律知識、生物、物理に関する基礎知識などを基に医療、医薬、薬事翻訳を担当します。大手製薬会社も利用する安心の翻訳クオリティです。

※トランスマート登録翻訳者による翻訳コラムはこちら

 


専門翻訳もスピード納品


クラウド翻訳サービスなので土日や夜間も含め24時間365日いつでもプロの専門翻訳者に直接、医療翻訳を依頼できます。翻訳者のなかには欧米在住者もいるので、例えば日本時間の夕方に依頼して翌朝には翻訳書類が納品されるということや、金曜日に発注して週明け月曜日には翻訳完了しているということが実現できます。文章量によっては最短90分でスピード納品いたします。専門分野の難解な翻訳だからこそ得意分野に特化した翻訳者に依頼することで高品質な翻訳を迅速に納品します。

翻訳依頼から翻訳者確定、納品までの平均所要時間など詳細は、翻訳サービスご利用の流れ もご確認ください。

 

また、クラウドソーシングを利用して翻訳者に直接依頼する形ではなく、トランスマートの担当者が翻訳者の選定から納品までサポートするコンシェルジュプランをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

 


翻訳料金とお支払い方法


医療・医薬、薬事申請の翻訳料金は、英訳(日本語⇒英語)が1文字10円、和訳(英語⇒日本語)が1ワード15円です。翻訳料金は単価×文字数・ワード数で算出されるので、専門分野ごとに金額がかわることはありません。

翻訳料金20%割引プランを確認する

 

翻訳料金のお支払いは、クレジットカード払いと銀行振り込み(法人登録の場合のみ)のどちらかを発注時に選択していただけ、翻訳納品後にご請求させていただきます。納品翌月の末日までにお支払いください。なお、個人登録の場合はクレジットカード払いのみ対応しております。

 


医療、薬事翻訳の対象分野


医療機器、製薬、化学薬品、医療マーケティング、医学論文、薬学論文(化学系薬学、物理系薬学、生物系薬学、薬理系薬学、天然資源系薬学、創薬化学、環境・衛生系薬学、医療系薬学)、CTD、治験薬概要書、プロトコール(治験実施計画書)、治験総括報告書、CIOMS、審査報告書、同意説明文書、添付文書、SOP、医療機器マニュアル、MSDS、臨床試験報告書、非臨床試験報告書、薬事ガイドライン、農薬関連文書、獣医学関連文書など、得意分野や実務経験が異なる数多くの医療・薬事の専門翻訳者がトランスマートに登録しており、キーワードを細かく指定して検索することや指名発注することもできます。

 


医療、医薬翻訳者の得意分野


【医薬翻訳者A(翻訳歴20年)】

製薬会社臨床開発部門を経てフリーランスとして活動中。医学論文、治験薬概要書、治験実施計画書、総括報告書、添付文書、SOPなど医学・薬学関連のあらゆる文書の英語翻訳に対応します。

 

【医薬翻訳者B(翻訳歴10年)】

医薬一般、医学論文の翻訳が専門です。日英翻訳(英訳)は翻訳後に英語ネイティブの校正を通して納品します。化学分野の翻訳も承ります。日本語⇒英語・英語⇒日本語とも原文のニュアンスを失うことのないよう心がけています。

 

【医薬翻訳者C(翻訳歴10年)】

治験関連文書(治験薬概要書、治験実施計画書、同意説明文書、総括報告書、SOP等)および医学論文(消化器系・循環器系多数)の翻訳をしております。医療関係の英語教材、プレゼン用スライド等の翻訳経験もございます。

 

【医薬翻訳者D(翻訳歴18年)】

医療機器、製薬、化学薬品、医療マーケティング企業で治験薬概要書、症例報告、学術論文、医療機器マニュアル、MSDS、SOP、マーケティング資料の実務経験あり。判りやすく自然な文章での英語翻訳を心がけています。

 

【医薬翻訳者E(翻訳歴20年)】

フリーランス翻訳者です。医学・薬学・歯学・獣医学の英日・日英翻訳をお受けします。日本翻訳連盟ほんやく検定医薬日英2級翻訳士の資格をもっています。
正確、丁寧、読みやすい英語・日本語文章に仕上げます。

 

【医薬翻訳者F(翻訳歴7年)】

医療翻訳のスクールにも通いました。治験コーディネーター(CRC)として多数のプロトコールを経験しました。製薬会社でのメディカルライティング(同意説明文書、IB、CTD臨床パートなど)の経験あります。

 

【医薬翻訳者G(翻訳歴14年)】

循環器関連文書、医学論文(電気生理学、再生医療)、症例報告等、市販後調査としての有害事象が記載されている文献の解析および和訳(抗がん剤、抗結核剤、β遮断薬等)の翻訳経験があります。

 

【医薬翻訳者H(翻訳歴12年)】

医療(副作用報告書)、科学論文(生化学、分子生物学、環境学)といった分野の翻訳を手がけています。通訳者としても活動しており、様々な場面における日本語および英語の表現に精通しています。

 

【医薬翻訳者I(翻訳歴21年)】

医学医療分野の文書、論文抄録、論文、英語文書などの翻訳に携わっております。 徹底した調査と丁寧な仕事を心がけております。 納期は厳守いたします。

 

【医薬翻訳者J(翻訳歴13年)】

バイオ医薬品開発企業の英語メディカルライティング部門に3年いたのち、フリーランスの翻訳家として医療・医薬分野をメインに10年活動しています。

 

【医薬翻訳者K(翻訳歴11年)】

特許明細書(バイオ/薬学/化学/機械/医療機器等、各分野翻訳文の校正)、医学論文、症例報告、医療機器取扱説明書、企業内報告書の英語翻訳が得意です。

 

【医薬翻訳者L(翻訳歴9年)】

論文調の文章から商用パンフレットまで幅広くこなします。得意分野は医学論文(内科・整形外科・精神科など)、バイオ、医療機器、分析化学等です。

 

【医薬翻訳者M(翻訳歴5年)】

医療一般・薬の添付文章・健康一般(食事/サプリメント等)・医療機器説明書・調査・精神医学関連書籍の英語翻訳経験があります。

 

【医薬翻訳者N(翻訳歴11年)】

医学・獣医学・微生物学・生物学論文、副作用情報、症例報告、医療機器マニュアル、MSDS、心理学の翻訳経験があります。

 

【医薬翻訳者O(翻訳歴10年)】

総合医療機器メーカーの海外部門に勤務後、大学院医科学研究科教授秘書を経験。医学・薬学翻訳(基礎・専門)講座修了。

 

【医薬翻訳者P(翻訳歴9年)】

医薬全般(治験関連文書・論文・診療記録)、バイオロジー、医療機器、遺伝子工学分野の翻訳を得意としています。

 

【医薬翻訳者Q(翻訳歴20年)】

歯科医療分野にて20年のキャリアと小児歯科、矯正、筋機能療法の分野における専門知識を持っています。

 

【医薬翻訳者R(翻訳歴9年)】

医薬品開発業務の経験有り。医療薬学一般とくに薬物動態・代謝酵素に係る文献の翻訳には強いです。

 

【医薬翻訳者S(翻訳歴15年)】

医薬(特に、癌、糖尿病)および内視鏡などの医療用具の翻訳を中心に10年以上の経験があります。

 

【医薬翻訳者T(翻訳歴5年)】

精神科医療一般および精神分析学関連の英語⇒日本語翻訳には自信があります。

 

【医薬翻訳者U(翻訳歴25年)】

医学、薬学関連分野の翻訳歴は20年以上。自分の名前で投稿論文を多数執筆しています。生命科学分野のラボに所属する現役の研究者で、医薬バイオ系学術論文を専門にしています。

 

【医薬翻訳者V(翻訳歴2年)】

以前は製薬会社で主にオンコロジー部門を専門としており、安全性情報の報告等も担当しました。臨床試験、副作用対策、CTCAEなどの安全性に関する周辺知識があります。薬剤師の資格を保有しており、治験コーディネーター、調剤の実務経験もあります。また、DNAアレイを用いた遺伝子解析やHPLC解析の実務を経験したことから、バイオ関連の知識もあります。

 

※上記翻訳者以外にも医療・医薬翻訳を得意とする翻訳者が複数登録しており、まずはメールアドレス登録だけで30秒で完了する無料の会員登録をしていただけましたら、追加の個人情報登録なしで翻訳者の検索や見積書発行が可能です。