特許・知的財産の専門翻訳

クラウド翻訳の「トランスマート」は、特許をはじめとした知的財産の翻訳を得意とするプロの翻訳者が多数登録しており、特許明細書、中間処理翻訳、米国特許の日本語抄録、公開特許公報の要約書の英訳、拒絶理由通知(オフィスアクション)の和訳など特許申請業務で必要となる様々な書類の英語⇔日本語翻訳を、直接プロの翻訳者に依頼することができる翻訳サービスです。

➡翻訳料金を確認する

 


特許翻訳の対応分野


電気、電子工学・エレクトロニクス関連分野、機械化学系、自動車関係、半導体、通信・携帯電話関連、IT・コンピュータ関連、原子炉、複写機、医療機器、化粧品、薬学、バイオ、農薬、生化学分野、化学工学、エネルギー・環境、科学、航空機システム、ナビゲーション装置、運転支援装置、周辺監視システム、MEMS、電動パワステ装置、金属材料用表面処理液、相対移動付勢装置、家庭用燃料電池システムなど、幅広い分野の特許翻訳に対応しています。

 


特許翻訳に精通したプロの翻訳者


トランスマートに登録している翻訳者は、弁理士資格保有者や法律事務所・特許事務所、メーカー・研究所での勤務経験を有した特許出願・取得経験が豊富な翻訳者なので、語学力だけではなく、専門知識や技術理解力、特許出願過程での様々な実務経験をもとに英訳・和訳します。出願人の視点(正確さ、権利範囲)や審査官の視点(心証、読みやすさ、文法の正確さ)から翻訳する姿勢、知識を備えた経験豊富なプロの専門翻訳者が揃っています。ログイン後には、各翻訳者の得意分野や経歴、得意言語(日本語⇒英語翻訳、英語⇒日本語翻訳)が検索でき、指名発注することも可能です。

※トランスマート登録翻訳者による翻訳コラムはこちら

 


クラウド翻訳によるスピード対応


クラウドソーシングを活用した翻訳サービスなので土日や夜間も含め24時間365日いつでも、プロの専門翻訳者に直接、特許翻訳を依頼できます。翻訳者のなかには欧米在住者もいるので、例えば日本時間の夕方に特許翻訳を依頼して翌朝には翻訳された書類が納品されるということや、金曜日に発注して週明け月曜日には翻訳完了しているということが実現できます。文章量によっては最短90分でスピード納品いたします。

 

翻訳依頼から翻訳者確定、納品までの平均所要時間など詳細は、翻訳サービスご利用の流れ もご確認ください。

 

また、クラウドソーシングを利用して翻訳者に直接依頼する形ではなく、トランスマートの担当者が翻訳者の選定から納品までサポートするコンシェルジュプランをご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

 


翻訳料金とお支払い


インターネット上で、翻訳をしたい書類をアップロードしていただければすぐに納期と翻訳料金の見積書を発行いたします。トランスマートでは秘密保持契約を締結した翻訳者だけが、翻訳書類の閲覧や翻訳案件への応募ができるようになっているため機密情報の翻訳も安心してご利用いただけます。

<基本単価>

・英訳(日本語⇒英語):10円/文字

・和訳(英語⇒日本語):15円/ワード

<お支払い方法>

翻訳料金のお支払いは個人利用の場合はクレジットカード払いのみ対応しています。企業や研究機関など法人利用の場合は、クレジットカード払いか銀行振り込みかを選択していただけます。銀行振り込みの場合は、翻訳が納品された月の月末締めで請求書を発行いたしますので、翌月末日までにお振込みください。

 

※まずは、メールアドレス登録だけで30秒で完了する無料の会員登録をしていただけましたら、追加の個人情報登録なしで特許翻訳に精通した翻訳者の検索や見積書発行が可能です。